引越し 女性

女性が引越しをする時の注意ポイント

女性が引越しをする時は何かと不安になることが多いです。特に業者を選ぶ時に男性だけのスタッフだけだと何かと不安という人もいます。見積もりの時に男性のスタッフを部屋に上げるのが不安という人は、家族や友達などに一緒に立ち会ってもらうといいでしょう。家族や友達が立ち会ってもらえない場合は、見積もりは電話やホームページからおこなう方法がおすすめです。実際に部屋にあがって見積もりをだしてもらうのに比べると、正確に見積もりを出してもらうのは難しいですが、荷物の個数やサイズなど詳しい詳細を伝えることで、かなり正確な見積もりを出してもらえます。見積もりの時に相場価格よりも極端に安い費用の業者は要注意です。後で追加料金が発生することがあるので、追加料金が発生するかもしっかり確認するといいでしょう。

見られたくない荷物の扱い方について

引越しの時の荷造りで、女性の場合は下着など男性スタッフには見られたくない物も多くあります。その場合は段ボールに開梱不要と書いておくことが大事です。タンスに下着を入れたままにしておくと、うっかりタンスの引き出しが飛び出てしまい下着を見られることもあるので、タンスに下着を入れたまま運んでもらう場合は、タンスの引き出しが飛び出さないように、しっかりテープで貼り付けておくといいでしょう。ただしガムテープだとタンスにテープの跡がつくので注意が必要です。移転先で家具や家電を設置してくれるサービスをおこなう業者もあります。そういう所に依頼すると面倒な家電の配線や動かしにくい家具の設置もすべておこなってくれるので、女性の一人暮らしの引越しの時はとても助かります。

業者の繁忙期はできるだけ避ける

最近は引越しを全て女性スタッフがおこなう業者もあるので、そういう業者に依頼すると安心です。梱包も男性スタッフよりも丁寧におこなってくれることも多いので、安心して梱包を任せることができます。多少は割高になりますが、新居に越した後の荷ほどきをやってくれる業者もあります。忙しくてなかなか荷ほどきをしている暇がないという人は利用してみるといいでしょう。少しでも費用を安くあげたいならば、業者が繁忙期のシーズンは避けることが大事です。繁忙期は予約も取りにくく費用も割高になる傾向があります。土日も予約が殺到し割高になるので、余裕があれば平日に依頼するといいでしょう。時間指定をしなければ費用が安くなる業者もあるので、いつでもいいという人は時間指定をしないと安くすみます。